浅草付近でポートレート撮影にご協力いただいた羽生みな美さん#023

浅草付近でポートレート撮影にご協力いただいた羽生みな美さん#023

新型コロナウイルス緊急事態宣言解除後、最初のポートレート撮影をさせていただいた「羽生みな美」さんをご紹介します。ソーシャルディスタンスを考慮した撮影が今後必須になるかもしれませんので、今回は少し望遠レンズでの撮影を中心にまとめていくことをテーマにしてみました。

浅草周辺のポートレート撮影3つのスポット

隅田公園のあじさいロードがちょうど見頃を迎えていたので、花を中心としたポートレート撮影と浅草寺でのポートレート撮影が今回の主題です。

浅草周辺の次の3つのスポットでポートレート撮影を行いました。

  1. 浅草側の隅田公園で花と一緒にポートレート撮影
  2. 浅草寺の入り口にある雷門を背景にポートレート撮影
  3. 浅草寺の境内でポートレート撮影

浅草側の隅田公園「紫陽花ロード」でポートレート 撮影

隅田公園浅草側の吾妻橋入口から山谷堀広場までのおよそ2kmに渡って、約10,000株の紫陽花が植栽されています。ちょうど見頃を迎えていたので、花と一緒のポートレートに挑戦してみました。

まずは、紫陽花をいれずに、みな美さんの左顔からファーストショット

紫陽花ロード ISO200 200mm f2.8 1/250

清楚な姿の白いアジサイ「アナベル」とみな美さんの印象がぴったりのコラボ

白いアジサイ「アナベル」とみな美さんISO200 195mm f2.8 1/120

座り姿で全身をパシャリ!

白いアジサイ「アナベル」とみな美さんISO200 70mm f2.8 1/250

定番の青い紫陽花を背景に真正面のみな美さんのワンショット

青い紫陽花ISO200 108mm f2.8 1/60

吾妻橋を渡り、駒形橋方面に撮影場所を移動しました。

駒形橋を背景に右顔のショットをご紹介

夕焼けを期待したのですが、うまく焼けてもらえず残念でした。。。

駒形橋ISO200 35mm f4.0 1/250

近くに咲いていたアガパンサスを前ボケにしたお気に入りの1枚

隅田公園ISO200 35mm f4.0 1/200

浅草寺入り口の「雷門」でポートレート 撮影

浅草のシンボルである赤い大提灯「雷門」は、正式名称「風雷神門」という浅草寺の総門となっています。令和2年の4月に7年ぶりに新調されたばかりのようで、赤がより鮮やかでした。

風雷神門を背景に1枚

風雷神門ISO200 70mm f2.8 1/200

少しローアングルでパシャリ!

風雷神門ISO200 35mm f4.0 1/50

浅草寺の境内でポートレート撮影

雷門から浅草寺の境内に向かって、仲見世商店街に足を踏み入れていきます。

仲見世商店街はすでに閉まっていましたが、両側に仁王像が奉安している朱塗りの楼門「宝蔵門」をくぐり、観世音菩薩を奉安されている観音堂の脇でポートレート撮影をしました。

ピカピカの黒い扉を背景にシューティング

浅草寺の境内ISO200 85mm f2.8 1/80

最後に浅草寺の弁柄色をポイントにした両顔の写真をご紹介します。

浅草寺の境内ISO200 98mm f2.8 1/80

浅草寺の境内ISO200 35mm f4.0 1/80

羽生みな美さんのSNSご紹介

今回ポートレート撮影にご協力いただいた「羽生みな美さん」のSNSアカウントをご紹介します。

羽生みな美さんは、とても丁寧なコミュニーケーションで、安心感を感じさせてくれる素敵なモデルさんでした。昨年、横浜開港祭親善大使を努めていたと教えていただき、さらに納得感が高くなりました。

ただいま就活中とのこと、ご希望されている業界に就職できることを心からお祈りしております。

社会人になられた頃に、また撮影をさせてください。

最後に今回撮影させていただいた写真を集めて動画を作成しましたので、あわせてご紹介させていただきます。

https://twitter.com/bestshots_tokyo/statuses/1275199559568781312

 

以上、「浅草付近でポートレート撮影にご協力いただいた羽生みな美さん#023」でした。